TodoistでGTD(Getting Things Done)を実践する

Available for:
無料版
プレミアム
ビジネス

GTD(Getting Things Done)とは、頭の中にあるものを全てToDoリストに書き出すというアイデアに基づいた、5つのステップで構成されるタイムマネジメントの手法です。タスクを思い出す時間を減らし、タスクの実行に集中することで、ストレスを軽減したり、物忘れを減らすことができます。

GTDの手法についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご参照下さい。

TodoistでGTDのワークフローを実践する

以下の5つのステップに従って、TodoistでGTDを実践しましょう。

  1. 収集 — 思い浮かんだタスクは全てTodoistのインボックスに書き出します。「5月3日に請求書を送る」や「6月20日から9月30日まで4日ごとに植物に水やりをする」のように、自然な日本語を使って、思いつき次第すぐにタスクを作成しましょう。
  2. 明確化 — 収集したタスクを明確にし、具体的で実行可能な次のステップになるまで落とし込みます。もしできなければ削除し、2分以内で実行可能なタスクであれば、すぐに処理しましょう。(Todoistは、@2分のラベルを使うことをオススメします。)
  3. 整理 — タスクをインボックスからプロジェクトへと移動します。複雑なタスクは、サブタスクを使って処理可能なアクションに分解します。予定日・ラベル・優先度を設定すると、より効果的に整理できます。
  4. 実行 — タスクを実行します。使える時間や、自分のエネルギーレベル、タスクの緊急性などを考慮して優先するタスクを決め、効率的に処理しましょう。
  5. 見直しTodoistカルマを使って、1日・1週間・1カ月の生産性を振り返りましょう。完了したタスクを見直して、ToDoリストと気持ちを整理します。

(GTDおよびGetting Things DoneはDavid Allen & Co.の登録商標です。TodoistはDavid Allen & Co.およびGetting Things Doneとは業務提携していません。)