スマート日付認識の有効化/無効化

利用可能なプラン:
無料
プレミアム
ビジネス

Todoistのスマートなクイック追加機能は、タスク名に入力された予定日を自動的に認識し、ハイライトしてタスクへと追加します。

クイック追加は予定日や繰り返しの予定を入力する最も速い方法ですが、実際のタスク名に日付が入っている場合もあります。例えば「毎月の報告書を作成」と書いたとすると、「毎月」の部分が繰り返しの予定として自動的にハイライトされてしまいます。

そのような場合、ケースバイケースで自動日付認識を無効化することができます。デスクトップではdeleteもしくはbackspaceキーを押下、モバイル端末ではハイライトされたキーワードをタップして認識を解除します。そうすると、ハイライトされたキーワードはタスク名の一部になります。

smart-date-recognition-ios-quickadd.jpg

スマート日付認識機能が不要であれば、機能を完全に無効化することもできます。やり方は以下の通りです。

  1. Todoistの画面右上にある歯車アイコンをクリックします。
  2. 設定を選択します。
  3. 設定のタプを開きます。
  4. ドロップダウンメニューから、Todoistのスマート日付認識機能を利用する、もしくは結構ですを選択します。

smart-date-recognition-web-setting.jpg

  1. Todoistの画面左上にある歯車アイコンをクリックします
  2. 設定を選択します。
  3. 自動解析のタブをオープンします。
  4. スマート日付認識のON/OFFを変更します。

smart-date-recognition-windows-setting.jpg

  1. Todoistの画面左上にあるメニューアイコンをタップします。
  2. 左下部にある設定 > 一般をタップします。
  3. スマート日付認識機能の横にあるボックスにチェックを入れる、もしくはチェックを外します。

smart-date-recognition-android-setting.jpg

  1. Todoistの画面左上にある歯車アイコンをタップします。
  2. 設定メニューの中にある一般を選択します。
  3. 自動日付認識機能のON/OFFを変更します。

smart-date-recognition-ios-setting.jpg