Todoistとカレンダーの連携

利用可能なプラン:
無料版
プレミアム
ビジネス

Todoistカレンダーフィードを使うと、Googleカレンダー、iCalendar、Outlookの予定表などのお気に入りのカレンダーアプリに、スケジュールしたタスクを全て表示することができます。その他のカレンダーアプリでも、カレンダーフィード用のURLがあれば連携は可能です。

Googleカレンダーを使用されている場合は、リアルタイム相互同期がご利用可能です。通常のカレンダーフィードとは異なり、Googleカレンダーで行なった変更は自動でTodoistに同期されます。詳細はこちらから。

calendar.jpg

予定日のみのタスクは終日のイベントとして表示され、予定日時が設定されているタスクは1時間単位のブロックとしてカレンダーに表示されます。(今のところ、タスクの時間の長さを変更することはできません。)

Todoistとカレンダーを連携するには、以下の2つの方法があります。

アカウントカレンダーフィード: 予定日および予定日時が設定されている全てのタスクを、全てのプロジェクトから同期します。カレンダーアプリ内に新しいTodoistカレンダーが作成されます。

プロジェクトカレンダーフィード: カレンダーに同期するプロジェクトを選択することができます。同期するプロジェクトごとに新しいカレンダーが作成されます。同僚、クライアント、家族、または友人などとプロジェクトカレンダーフィードを共有することもできます。

今のところ、上記のカレンダーフィードは相互同期に対応しておりません。Todoistで行なった変更はカレンダーに反映されますが、カレンダーで行なった変更はTodoistに同期されません。

カレンダーをTodoistと同期する方法

アカウントカレンダーフィード

  1. Todoistの画面右上にある歯車アイコンをクリックします。
  2. 設定を選択します。
  3. 連携のタブに移動し、Apple Calendar、もしくはOutlookをクリックして、説明通りに設定を行います。
  4. Googleカレンダーと連携する場合は、カレンダーフィードURLの横にあるクリップボードへコピーするをクリックします。
  5. Googleカレンダーを開きます。
  6. 左側のパネルに表示される、他のカレンダーの右の矢印をクリックします。
  7. URLで追加を選択し、説明に従ってカレンダーを追加します。
  1. 画面左上にある歯車アイコンをクリックします。
  2. 右側のメニューにあるアカウントを選択します。
  3. カレンダーフィードの横にあるコピーアイコンをクリックして、クリップボードにURLをコピーします。
  4. 連携したいカレンダーアプリにURLを入力します。
  1. https://todoist.comへアクセスし、Todoistにログインします。
  2. 画面右上にある歯車アイコンをタップします。
  3. 設定をタップします。
  4. 連携のタブに移動します。
  5. カレンダーフィードURLを選択してコピーします。
  6. Apple端末の設定を開きます。
  7. スクロールダウンしてカレンダーをタップ → アカウントアカウントを追加その他 → 紹介するカレンダーを追加
  8. 先ほどコピーしたURLをペーストします。
  9. 右上の次へをタップします。
  10. 任意でカレンダー名を変更し、保存をタップします。

iOSアプリのカレンダーを開き、画面下部の「カレンダー」をタップすると、照会のセクション下に新しく追加されたカレンダーが表示されているはずです。

今のところ、Android端末でカレンダーフィードの照会を行うことはできません。ウェブアプリからTodoistカレンダーフィードを照会し、端末のカレンダーアプリと同期することはできますので、そちらの方法をお試しください。

プロジェクトカレンダーフィード

  1. カレンダーに表示したいプロジェクトを開きます。
  2. 画面右上にあるwrench.pngプロジェクトアクションアイコンをクリックします。
  3. プロジェクトカレンダーフィードのURLを選択します。
  4. Appleカレンダー、もしくはOutlookをクリックし、説明に従います。
  5. Googleカレンダーと連携する場合は、カレンダーフィードURLの横にあるクリップボードへコピーするをクリックします。
  6. Googleカレンダーを開きます。
  7. 左側のパネルに表示される、他のカレンダーの右の矢印をクリックします。
  8. URLで追加を選択し、説明に従ってカレンダーを追加します。

今のところ、プロジェクトカレンダーフィードを連携できるのはウェブ、Mac、Windows(レガシー)アプリからのみです。