Todoistでポモドーロ・テクニックを実践

利用可能なプラン:
無料
プレミアム
ビジネス

ポモドーロ・テクニックは1980年代の終わり頃に、フランチェスコ・シリロによって発明されました。このテクニックでは、25分の仕事に集中する時間と5分の休憩を繰り返します。各インターバルをポモドーロといい、シリロが使用していたトマト型のキッチンタイマーにちなんでその名がつけられたそうです。セットを4回繰り返したら15分から30分ほどの少し長めの休憩をとります。さらに詳しく…

Todoistでポモドーロ・テクニックをセットアップする方法:

  1. Todoistに「ポモドーロ」という名前のプロジェクトを作成し、8〜10ほど繰り返しのポモドーロタスクを作成 (1stポモドーロ、2nd、3rdなど) します。
  2. 今日のタスクビューの中で、各ポモドーロ配下に日々のタスクを振り分けます。各タスクの実行にかかる時間を見積もりましょう。30分以上かかる場合は、小さなサブタスクに分解します。
  3. ポモドーロを開始する時、タイマーをセットします。従来のテクニックでは25分です。ポモドーロを終了したら、タスクを完了にして短い休憩 (3〜5分) をとります。4つポモドーロが終了したら、長めの休憩 (15〜30分) をとり、次のセッションに備えます。

以下は、Todoistに連携できるポモドーロ・テクニックに最適化された時間管理アプリです。

  • PomoDone
  • Flat Tomato
  • Toggl