Todoistでアイゼンハワー・マトリクス

利用可能なプラン:
無料
プレミアム
ビジネス

アイゼンハワー・マトリクスは、アメリカ第34代大統領であるドワイト・D・アイゼンハワーがよく行っていた方法に基づいたタスク管理のテクニックです。この手法では、重要 / 重要でない、緊急 / 緊急でないという4つの基準を元にタスクの優先順位を決定します。この手法では、タスクをアイゼンハワー意思決定マトリクス (別名、アイゼンハワーボックス) の中に可視化します。水平の横軸は緊急度を示し、左側は最も緊急度が高く、右側は最も緊急度が低いことを意味します。垂直の縦軸は重要度を示し、上が最も重要度が高く、下が最も重要度が低いことを意味します。

結果としてタスクは4つのカテゴリーに分割されます。重要かつ緊急、重要だが緊急ではない、重要ではないが緊急、重要ではなく緊急でもない。すべてのタスクはこのボックスの中に分類でき、これをすることにより、今対処すべきことや、何を後回しにすべきかが明確にわかるようになります。さらに詳しく…

ラベルを使ってTodoistでアイゼンハワー・マトリクスをセットアップする方法:

  1. 次の4つのラベルを作成します: @重要、@重要でない、@緊急、@緊急でない
  2. アイゼンハワー・マトリクスという名前でフィルターを作成します: @重要&@緊急、@重要&@緊急でない、@重要でない&@緊急、@重要でない&@緊急でない。
  3. これら4つの事前に設定したラベルを新しいタスクに追加します。
  4. 重要かつ緊急であるタスクを最初に処理します。重要だが緊急ではないタスクには、すべて予定日を設定します。重要ではないが緊急であるタスクは、なるべく人に任せます。重要ではなく緊急でもないタスクは、最後に処理します (もしくはやらないという選択もあります)。

優先度を使ってTodoistでアイゼンハワー・マトリクスをセットアップする方法:

  1. アイゼンハワー・マトリクスという名前でフィルターを作成します: p1、p2、p3、p4。
  2. これら4つの優先度を新しいタスクに追加します。
  • P1 = 重要かつ緊急
  • P2 = 重要だが緊急ではない
  • P3 = 重要ではないが緊急
  • P4 = 重要ではなく緊急でもない
  • P1のタスクを最初に処理します。P2のタスクには、すべて予定日を設定します。P3のタスクは、なるべく人に任せます。P4のタスクは、最後に処理します (もしくはやらないという選択もあります)。