Gmail拡張機能で作成したタスクを別のGmailのアカウントで開く

利用可能なプラン:
無料
プレミアム
ビジネス

TodoistのGmail拡張機能を使ってタスクを追加すると、メールのURLも同時にタスクに保存されます。複数のGmailアカウントにログインしている場合、GoogleはURLに数字を加えて、メールがどのアカウントと紐づいているかを特定します。

数字はアカウントにログインした順に割り当てられます。初めにサインインしたアカウントには「0」、二番目のアカウントは「1」、となります。実際のURLは以下の画像のようになります。

例えば、あなたが個人仕事フリーランス用のGmailアカウントを所有しており、その順番でログインしたとします。その場合の各URLは以下のようになります。

(各URLの最後の数字が変化しています)

上記のGmailアカウントに違う順番でログインし直した場合、URLが紐づくアカウントも変わります。例えば以下のようになります。

ログインの順番が変わる前は、https://mail.google.com/mail/u/0/のリンクは個人用のアカウントに紐づいていました。

ログインの順番が変わった後は、同リンクは仕事用のアカウントに紐づきます。同リンクは別のGmailアカウントを開いてしまうため、元々タスクとして保存したメールにはアクセスできなくなります。

リンクを元のように機能させるためには、メールをタスクとして保存した時と同じ順番でGmailアカウントにログインし直す必要があります。