Spark と Todoist を使う方法

利用可能なプラン:
無料
プレミアム
ビジネス

Spark_Todoist_Top.png

Spark とは?

Spark は、メールの受信トレイをより効果的に整理し、コントロールできる iOS と macOS のメール クライアントです。豊富な時間節約機能の中には、メールを自動でカテゴリ分けする Smart Inbox、準備ができるまで返信を延期する Smart Snooze などのワークフローをカスタマイズできる強力な機能が揃っています。Spark は、不要な情報を一括処理し、重要なメールのみに集中できる、便利なツールです。

Todoist/Spark 連携機能でできること

Spark を使っている時にメールをタスクとして Todoist に追加できます。

Spark から抽出したタスクは、その後 Todoist 内でそのタスク名をクリックすると Spark のメールを開くことができます。

Spark と Todoist を連携する方法

まず初めに、iOS App Store または macOS App Store から Spark のアプリケーションをダウンロードします。Todoist はプラットフォームに組み込まれているため、何もダウンロードする必要はありません。Spark 内に Todoist をセットアップする方法は以下のとおりです。

  1. Spark アプリを開きます。
  2. Todoist に保存したいメールを選択します。
  3. 省略記号をタップして、サービスを追加のボタンを選択します。
  4. 次の画面から Todoist を選択して、Todoist アカウントにログインします。
  5. Spark が Todoist アカウントのデータを使用することを許可します。
設定 > 外部サービス連携 > Todoist から連携機能を設定することもできます。
  1. Spark を開きます。
  2. macOS のメニューから Spark > 環境設定… を選択します。
  3. サービス タブを選択して、Todoist のチェックボックスにチェックを入れます。
    • image_preview__2_.png
  4. Spark と連携したい Todoist アカウントにログインします。
環境設定… > サービス > Todoist から連携機能を設定することも可能です。

Spark/Todoist 連携機能の使い方

  1. Spark アプリを開きます。
  2. Todoist に保存したいメールを選択します。
  3. 省略記号をタップして、Todoist ボタンをタップします。
    • Spark_2.jpg
  4. 次に詳細画面が表示されます。
    • Spark_Email.jpg
  5. 必要な変更を行い、画面右上にある保存のボタンをタップして保存します。
  1. Todoist に追加したいメールを選択します。
  2. メール画面の右上にある三点アイコンをクリックして、Todoist を選択します。
    • image_preview__1_.png
  3. タスクの詳細を編集して、保存をクリックしてタスクを追加します。
    • image_preview.png

Spark のタスクは Todoist にどのように表示されますか?

Spark から抽出したタスクは、「Spark でメールを開く」というリンクが付いた状態で Todoist に表示されます。

Spark_3.jpg